This post is also available in: English (英語) Italiano (イタリア語) Español (スペイン語)

使用例

Navigilウェルビーング腕時計とサービスは、認知症、長期的な疾患を持つ高齢者、アクティブな高齢者、認知障害者や孤立労働者をカバーするさまざまなニーズのためのユーザープロファイルを持っています。

シェア・アンド・ケア

Navigil サービスと Navigil 580 ウエルビーイング腕時計を、自信を持って提供いたします。 高齢者と家族や介護担当者に安心を与えるソリューション。

認知症

認知症患者や他の制約がある人が長く安全に自宅で過ごせるようにサポートする、GPS付のセーフティー腕時計の使用例と情報。

お客様の声

ユッシ、85才、が Navigil のウエルビーイング腕時計とサービスについて思うことを語ります。

セーフティーゾーン

Navigil S1 エマージャンシー・ウォッチフォン は、地図上のフェンス機能付のGPSと携帯電話を内蔵しています。 持ち主が家を出るとS1腕時計が外出を検知し、GPS追尾を開始します。 持ち主がセーフティーゾーンの外に出ると、腕時計が 介護担当者にアラームを送ります。 介護者はWebや携帯電話で持ち主の場所をリアルタイムで特定出来ます。

ワンボタンの緊急コール

Navigil S1 ウォッチフォンは通常の電話のように使え、SOS 発信や、通常の電話の会話が出来ます。 使用者は介護者や親戚に電話をすることができ、日常の助けを求めることができます。 S1 の電池寿命は数日であり、どこででも使用できます。

アラートと通知のサービス

ボタンひとつで使用者は即座に緊急通報ができます。 Navigil S1 はあらかじめ決めておいた番号に電話をかけ、使用者の位置情報を送ります。 S1 は常にON状態で、双方向の会話と呼び出しのルーティングおよび 携帯電話ネットワークのレベルの管理を行います。 あらかじめ選定した介護担当者からS1使用者に電話をかけることも出来ます。 Navigil Rafael サービスで介護担当者がプリセットの電話番号を管理することができ、非常時にはWebあるいは携帯電はのインターフェースから位置情報を特定できます。

ハンヌは介護担当者に心配をかけずに、毎日 近くの森に一人で散歩に行きます。

ハンヌは62才でダウン症患者です。 彼にとっては場所やルートがよくわかっているので、一人で近所を容易に歩き回れます。 けれども、時間や距離の認識は、彼にとっては非常に困難です。

ハンヌの姉で介護者のライヤは、ハンヌの散歩が長くなったとき心配したことが何度かあります。 彼女はハンヌを探しに、車を運転して森や近隣の街までいったり 近所に声をかけたりしました。 ハンヌが倒れていたり、何かが起きているかもしれません…

ハンヌは2年前に Navigil の腕時計をもらいました。かれはそれをとても気に入っていて外出するときは必ず使おうとします。

ハンヌの散歩が長くなった場合には、ライヤが彼の腕時計に電話をかけ、戻ってくるように言います。

必要に応じて、ハンヌは SOS コールをして、コールセンターを呼び出し、丁寧な受け答えと信頼性のある助けを得ます。

『Navigil の腕時計のおかげで安心です。他の人にも勧めます。他の人に譲ってしまうことはありません。ハンヌはこの 素敵な腕時計をいつも付けたがっています』と、ハンヌの姉は言います。 ハンヌはこの 素敵な腕時計をいつも付けたがっています』と、ハンヌの姉は言います。

自分の所在地がわからない高齢の認知症の女性

メアリーは 83 才で自宅に住んでいます。 彼女は 初期の認知症と診断されましたが、介護担当者が日に何度か世話をしに来ることで、彼女は一人で生活出来ています。

彼女のケアを行う会社はNavigil の腕時計を与え、彼女が出かけていって時間内に帰宅しない場合は、介護担当者か娘のリサが所在地を確認して連れ戻せるようにしました。

ある日リサが訪問するとメアリーはいません。 リサは夫のジャックを呼び、ウエッブサイトでメアリーの所在地を確認するように頼みました。 ジャックは住所をリサに伝えました。 彼女はメアリの家の近所の公園で、メアリーがどうやって帰宅したら良いか迷ってベンチに座っているところを見つけました。

メアリーは地図上のフェンス内でしたので、場所がよくわかっていると思われたのですが、それでも迷ってしまったのです。 リサは介護担当者等と話し合い、メアリーの認知症の 進行にあわせて地図上のフェンスの範囲を変更したらいいか相談します。

ロルフは介護ホームの中にいても安全でいたいと思い、この腕時計を使いたいと思っていました。

80才を越えたロルフは 認知症を患っていますが、家からケアホームに移るときにNavigil の腕時計を 置いていきました。 助けが来るまで長時間、床に一人で横たわっているという恐ろしい経験のあと、腕時計を取り戻したいと思いました。

介護ホームは、本人の腕時計を使うことに同意しました。 しばらくは、なぜ親戚でなく看護師が助けに 来るのか理解出来ませんでしたが、助けがあることに安堵していました。

ロルフはまた睡眠に問題を抱えており医師が 睡眠薬を 彼に処方していました。 ロルフの娘は腕時計から活動ログを医者に見せた。 彼はログにロルフの薬に対する良い反応を見ることができたと非常に感銘を受けました。 医師はまた、ロルフが睡眠薬を飲んでいても目を覚ましていので、彼にはもっと痛みの軽減策が必要なことがわかりました。

医者はナビジルの腕時計に感銘を受けた。 彼の患者の多くは認知症を持っており、彼らは痛みがあるかどうか、または彼ら自身が夜間に目を覚ましているかどうかわかっていません。 この腕時計はこのような患者群のために、実に有用でしょう。

老人ホームでは、活動と睡眠パターンの追跡は、ロルフの睡眠 フォローアップするのに役立ちました。 おそらく痛みについても。

ユーザーは、コンディショニングウォーク中に脳卒中を発症し、緊急センターにアラームを送信します

サイモンは65歳で、時折胸の痛みの既往歴を持っています。 彼の妻は彼に贈り物としてNavigilの腕時計を買ってあげました。 サイモンは新しい時計の見た目が良く、気に入っています。 時計はまた、サイモンの妻がサイモンのために加入した緊急警報サービスに接続します。 サイモンは運動プログラムを行うときに時計を着用します。

ある日曜日の朝、サイモンはコンディションウォークに出かけます。 彼は目が覚めたときに完全に大丈夫な感じはしませんでしたが、来週理学療法士に会うことを知っているので、コンディションプログラムに従おうとしました。

公園を2キロの活発な歩行した後、サイモンは強い胸の痛みを感じます。 彼は地面に倒れ込みます。 早朝なので、彼の言うことを聞く人は公園には誰もいません。 彼はアラームボタンを押します。 時計が振動し、ビープ音が鳴り、緊急メッセージが送信されたことを確認します。

すぐに時計からの声が言います:「ヘルプセンターです – 大丈夫ですか?」 サイモンはかろうじて話すことができる:「心臓発作だ – 助けてくれ!」 サイモンの位置情報は緊急センターに転送され、地図上に表示されます。  ヘルプセンターは緊急センターに警報を送り、すぐに救急車がサイモンを助けに向かいます。

年配のご婦人は腕時計を使うと安心する

老婦人が娘と同居しています。 彼女は日常生活を自己管理できますが、一人で寝るのが怖がっています。

娘は夏休みにでかける予定で、母親に介護ホームに短期滞在出来ないか尋ねました。

介護ホームは、老婦人が施設滞在の代わりに安全腕時計を使用することを提案しました。 そうすれば、女性が助けを求めるたびに、在宅ケアの看護師が来ることができます。

彼らは腕時計をつけることに決め、老婦人は娘が休暇中に安心して家に居ることができました。

ロルフは腕時計を着けることによって自宅で1年長く居られる

ロルフは以前の病気のために筋肉が弱かった。 年をとって不安定になり、倒れたときに助けなしでは立ち上がれなかった。 彼はアラームボタンの付いた携帯電話を持っていたが、彼は電話を身につけておくことを忘れるようになって、屋内と屋外のいずれの場合でも、倒れたときに何も出来ませんでした。

ロルフは80歳で、安全腕時計を使い始めたとき、軽度認知障害を患っていました。 彼は助けが必要なときにボタンを押す必要があることを学ぶことがまだ出来ました。 その腕時計を押すことで助けを得たことを経験し、彼はいつも時計を着けていたいと思いました。

時折ロルフは家を出て道に迷いました。 彼の娘は、Navigilサービスで位置情報機能を使用して彼を見つけ、彼を無事に家に連れて戻しました。

これらの機能により、ロルフは老人ホームに引っ越す前に1年長く自宅に滞在することができました。

彼にとって、家で暮らすことは生活の質が良いことを意味したのです。
その地域にとっては、在宅介護と介護施設の費用を比較すると、大幅な節約でした。

認知症患者の高齢女性は、彼女がどこにいるのかわからない

メアリーは 83 才、自宅に住んでいます。 彼女は初期の認知症と診断されているが、介護者の一日数回の訪問看護の助けを借りて、なんとかひとりで生活している。

彼女のケア会社は、Navigil腕時計を与えることで、彼女が外出して時間通りに家に帰ってこない場合は、介護者が彼女の場所をチェックし、つれもどすることができるようにしました。

ある日、メアリーは娘のリサに電話をかけ、車が盗まれたと告げます。 メアリーは過去2日間車を運転していないと主張しています。 リサはメアリーに警察に確認してからみると言います。 リサは、母親が認知症のために2、3回記憶を失ったことを知っており、彼女は最初に過去2日間の母親の位置をチェックします。

リサはインターネットを開き、Navigilサービスにログインし、メアリーが昨日の朝家から10キロ離れていたことを知ります。 彼女はまた、メアリーが1時間以上1か所にいることにも着目しました。 リサはその住所に行って、メアリーがそこで車を運転したかどうかを確認することに決めました。 リサが場所にいくと、メアリーの車を見つけ、メアリーが昨日そこまで車を運転し、タクシーで家に帰ってきたことが判明しました。

ユーザーは、場所がわからなくなり、在宅介護会社に助けを求めています

トーマスは75歳で、家に住んでいます。 彼は初期の認知症と診断されているが、週に数回訪れる介護者の助けを借りて、なんとか自立を維持しています。

彼の在宅介護会社はNavigilの腕時計を与え、緊急の場合、トーマスはアラームを発信でき、介護会社はトーマスに毎日電話をかけて、すべてがうまくいっていることを確認することができます。

介護会社で働いているジョンは、監視室内に座っておりNavigilウェブツールを備えたPC画面があります。 数分前、トーマスは自分の場所がわからなくなり、Navigilの腕時計を介してケア会社に電話し助けを求めました。

介護会社は、Navigilウェブツールを介して識別された場所に車を送りました。 30分後、介護会社の車はジョンに電話し、トーマスは伝えられた場所にいないことを伝えます。 ジョンは、現在の場所から 2 ブロック離れた新しい場所を伝えます。 介護会社の車は、新しい場所にドライブし、そこにトーマスを見つけます。

参照

Navigil S1は、お客様が今私たちに求めている機能を備えたテレケア市場で唯一の製品です。 時計は、現在のペンダントやトラッキングデバイスよりも着用する可能性がはるかに高いです。

マーク・ベイカー氏

コミュニティアラームマネージャー、エルムブリッジ自治区評議会、英国

Navigil S1は、テレケアのお客様が求めている機能を備えています。 私たちは今日、これらのランナー用デバイス数百台を提供してうれしいです。 お客様のウエルビーイングとセキュリティをサポートするソリューションで、Navigil製品と同様またはそれに近いソリューションを見出していません。 私たちは、アクティブな顧客がS1のようなスタイリッシュな腕時計を喜んで着用すること期待しています – 彼らは助けを必要としている人としてラベル付けしないデバイスを待っていました。 S1は、データ駆動型のセキュリティで保護されたウェルビーング在宅介護の分野で、当社の主要な市場ポジションを強化することを可能にする強力なツールです。

アキ・クイヴァライネン氏
CBO, ステラ コティパルヴェルート オイ, フィンランド

私は安心感にいだかれ、Navigil腕時計を喜んで推薦し、どんな理由でも人にあげてしまうことはありません。 ハンヌはまた、この素敵な時計を身に着けるのが好きです。

ライヤ・エスケリネン夫人
ハンヌの妹と介護者
ハンヌはダウン症です
ウェルビーイング・腕時計

Navigil 580

 

自立した生活を望む人のための完璧なソリューションです。 目立たないアナログ腕時計は、助けを必要としている人として着用者にラベルを付けません。 LTE電話、GPSの位置と活動監視機能は、ボタンひとつのプッシュで助けを呼び出し、さまよっている認知症患者を迅速に見つけるだけでなく、長期的なウエルビーイングの気になる傾向に早期のアラートを発することができます。